信濃教育会報

[▼ページ最終行へ] [1.あゆみ] [2.ねがい] [3.会報誌面から] [4.担当・お問い合わせ]

1.あゆみ

昭和24年     本会の機構及び内容の複雑化により、会員に内容を的確に伝える必要から「信濃教育会報」を発刊。13号を持って廃刊し、雑誌「信濃教育」に統合。
昭和29年 4月  国内の教育問題とも関係し、本会の重要問題を会員に迅速且つ正確に伝える必要から「信濃教育 特報」を発刊。
昭和34年 5月 「信濃教育会報」と改題し現在に至る。

2.ねがい

・会員に事業運営の伝達および報告を適時に伝え、意識の共有化を目指す。
・会員の実践に生きる内容を盛り込み、時勢を捉えた迅速な情報提供をする。
・会員や各教育会との意思疎通を図る誌面を目指す。
・誌上が活発な意見交換や教育実践交換の場となるよう工夫する。
・会から発行される出版物のPRの場とし、多くの会員に理解いただけるよう工夫する。

3.会報誌面から

【世界の学校】 誌面で紹介した「世界の学校」をPDFでご覧いただけます。

No.掲載号(発行日)学校名
441007号(H28.6)台北日本人学校
451011号(H28.9)蘇州日本人学校
461013号(H28.11)ヤンゴン日本人学校
471014号(H28.12)アブダビ日本人学校
481020号(H29.5)ナイロビ日本人学校
491021号(H29.6)ダッカ日本人学校
501025号(H29.9)大連日本人学校
511027号(H29.11)マナウス日本人学校
521027号(H29.11)ジッダ日本人学校


4.担当・お問い合わせ

信濃教育博物館 会報担当
電話:026-235-1608
FAX:026-232-1892
E-Mail:hakubutsukan@shinkyo.or.jp
ご意見・ご感想をお寄せください。

[▲ページトップへ]