災害見舞金事業

[▼ページ最終行へ] [1.災害見舞金事業について] [2.申請方法]  [3.内容] [4.注意事項・その他] [5.請求先・お問い合わせ]


1.災害見舞金事業について
“災害見舞金事業”は、昭和50年に、不慮の事故や災害等に遭われた会員を、 会員みんなで協力し助けたいという思い(相互扶助)から発足した制度です。
事業を推進していく中で、制度の内容変更等は度々ありましたが、相互扶助の精神は変わらずに今現在も続いています。


2.災害見舞金の申請方法
けがでの入院や会員の死亡等により見舞金の支給を申請したい時は、いずれの場合も信濃教育会総務部厚生係へお電話ください。見舞金申請に必要な全ての書類をお送りします。
「見舞金の対象になるのか」「まだ申請が可能か」などの疑問や不明な点等についてもお気軽にお問い合わせください。

【申請事由の例】
・転倒時の骨折による入院
・スポーツ中に起きたアキレス腱断裂による入院
・集中豪雨による家屋床上浸水の損害
・病気や事故による死亡    など


3.内容
※見舞金申請には期限がありますので、お忘れのないようお手続きください。

死亡・災害入院等の見舞金額
  死亡・高度障害 災害による後遺障害 災害による入院
会務遂行中 350万円 30〜90万円 1日あたり5,500円
会 務 以 外 150万円 10〜70万円 1日あたり5,000円


自然災害による不動産の損害の見舞金額
見舞金額 見舞金額算定式
10万円超 当該損害金額−10万円
※但し、上限金額は100万円まで
・災害事由は風災・水災・ひょう災・雪災及び落雷・噴火・地震等の自然災害によるものとする。
・対象となる不動産は、会員及びその配偶者、並びに会員の被扶養者が所有するものとする。
・不動産を会員以外(会員の配偶者または被扶養者)が所有する場合は、算定見舞金額の30%を支給。


4.注意事項・その他
・ご請求される前にご自身が信濃教育会会員であることをお確かめください。
・『見舞金支給申請書類』の提出は、いずれも必要事由が発生したときから、2年以内に行ってください。
・『会務』には信濃教育会の仕事や研修(海外研修含む)だけでなく、各教育会の総会・仕事・研修等も該当します。
・退職後6ヶ月間は『死亡・高度障害』についてのみ補償金を請求できます。

○規程等は以下をご覧ください。
 規程 規程細則 別表・備考

5.請求先・お問い合わせ
総務・会計部
電話:026-232-2470
FAX:026-232-1892
E-Mail:kousei@shinkyo.or.jp

[▲ページトップへ]